旧症例報告

2023-09-07 10:57:00

ふくらはぎの肉離れ~いち早い社会復帰をめざす~

今回来院された患者さんは、腓腹筋肉離れです。

 

一週間ほど前に階段を踏み外した際に右ふくらはぎが痛くなったとの事。

 

整形外科を受診されエコー、レントゲン検査を行い腓腹筋肉離れの診断を受けていました。

医科では特に固定もなく、リハビリもなく安静指示をされたそうです。

 

歩行時痛が強く、また安静による筋力低下も心配され、また早めの社会復帰を望まれており、HPで当院の「ラジオ波治療」に興味を持たれ来院。

 

まずは、当院でもエコーで診させてもらいます。

 

4.png

 

右腓腹筋肉内側頭に圧痛と硬結があり、エコーで同箇所に大きな血腫を認めました。

 

受傷後一週間であったため、内出血は止まっているものの、血の塊が液状として残っているようです。

 

このまま血腫を残してしまうと硬結が強く残ってしまうため、低出力のラジオ波・・・非加熱モード・・・を用いて筋の硬結を解除しながら血腫の除去を行います。

 

同時に、治癒能力を促すためにマイクロカレントを患部に当て、筋力低下を防ぐ目的でEMSも行います。

 

テーピング固定は行わず。受傷後一定期間経っていることと、歩行時痛も和らいできていること、また早期復帰を目指すため拘縮予防のためにも固定は避けました。

 

ラジオ波とマイクロカレント、EMSの治療を毎日~隔日で行うこと2週間。

 

5.png

 

血腫が消退しました。筋組織の瘢痕化=筋硬結の長期残存は避けられそうです。

筋線維の不整がまだ残っておりますので、引き続き、マイクロカレントによる治癒の促進と、ラジオ波の出力を少し上げて、筋組織の柔軟化を行っていきたいと思います。

 

患者さんからも、痛みがずいぶん楽になったこと、階段の上り下り早くにができるようになったことで助かったとのお声を頂きました。

 

実はまだまだ完治ではないので、引き続き通院は行ってください!!とりあえずは良かったですね!